大げさなタイトルですが私が気になった美容情報を配信していくサイトです!

子供の虫さされを悪化させないためには?

虫さされは軽く考えてはいけません。虫刺されにはいくつか種類があり、刺した虫によっては治療が必要な場合があります。共通する症状としては赤みを伴う発疹、かゆみといったものがあります。しかし、同じ虫に刺されても人によっては反応が違ったりもします。コレは体質によったりします。特にアトピーを持っている場合は虫刺されに強く反応する傾向があります。

かゆみや腫れが強くでて、注意が必要な虫がブユと呼ばれる無視です。ハエよりも小さい虫で他の呼び名ではブヨ、ブトともいいますね。この名前には地域性が絡んでいると思いますが、同一の虫です。

環境が良い場所を好む虫のためビルなどの雑居地域にはあまり生息をしていません。キャンプ場や森林の中などの多くいます。

このブヨは刺されてすぐに反応がなく半日後くらいから刺された箇所が腫れてきたり、熱をもちます。

大きく腫れてきたら市販されている痒み止めだけでは約不足となります。症状が激しくなるようであれば早めに皮膚科を受診することが望ましいです。最も一般的な蚊でも幼児は大人に比べても反応も強くでがちです。

子供の場合は二次感染などもあるのですぐにかゆみを抑えてあげることが大切。

虫刺されも早くに処置しないと大人になっても残る跡になりやすいものです。たかが、虫刺されと思わずしっかりと対応することが早期解決の近道になりますよ!!

Tag Cloud